ナナナナ

こんにちは!ナナです♪

今回はオルビスユーの使い方についてお伝えしていきます!

基礎化粧品の使い方は、セオリーとなっていますのでどなたでも知っていると思います。

でも、せっかくの素晴らしい成分を生かして、自分の肌に馴染ませ効果的にさせるために、もう一度しっかりと正しい使い方を復習してみましょう♪

オルビスユーの使い方:ウォッシュ

オルビスユーの使い方:ウォッシュ

オルビスユーウォッシュは、モロッコ溶岩クレイ配合となっており、汚れを吸着する洗浄成分がしっかりありながら、ハイドロキャッチ成分と言って保湿力もたっぷりある洗顔料です!

【オルビスユーウォッシュの使い方】

①顔と手をぬるま湯で素洗いします。

(冷たい水は毛穴が締まってしまうため、その後の化粧水などの浸透が行き渡りにくくなる原因となってしまいます)

②手のひらに1cm程度とり、キメ細かい弾力のある泡ができるまでたっぷり と泡立てます。

目安としては手を逆さにしても泡が落ちないくらいまで泡立てます

(吸着力の高い泡が、古い角質や毛穴の汚れを吸い取ってくれます)

まず最初にあごに泡を載せ、鼻周りや額など脂っぽいTゾーンを、たっぷりの泡でやさしく転がすように触れてください。

(ゴシゴシは駄目です)

その後フェイスラインを指先でらせん状に回していきますが、力を入れず肌が動かないくらいの指先を浮かせた優しさで転がします。

続いて頬などのUゾーンを、サッと手のひらで泡を行き渡らせるくらいの軽さで洗い、最後は生え際をていねいにジグザクに指で洗います。

 

オルビスユーの使い方:ウォッシュ

 

③優しく洗い終わった後は、すすぎです。

こちらもすすぎ残しがないように、ぬるま湯で10回以上は洗ってください。

(ぬるま湯でやると泡も落ちやすいです。)

 

オルビスユーの使い方:ウォッシュ

もちろん、ゴシゴシ力を入れるのは厳禁です。

毛穴がびっくりして閉じてしまいますし、汚れを毛穴に追い込んでしまいます。

また、乾燥肌の原因になります。

優しくそーっとそーっと顔を撫でるようにしっかりすすぎます。

ナナナナ

時間が無い時などは、ついついサササっとゴシゴシやりがちです。
でもスキンケアは、とっても重要なのでちゃんと時間に余裕をもちましょう。

そしてそーっと毛穴から泡に汚れが吸い付くように優しく優しく洗いましょう♪

オルビスユーの使い方:ローション

:オルビスユーの使い方:ローション

“とろぱしゃ”!濃密ウォータージェリー仕立てのオルビスユー化粧水です。

【オルビスユーローションの使い方】

手のひらに適量(ティースプーン半分程度)をとり、下から上へ、包み込むように肌に やさしくなじませます。

リッチなコクが肌に触れた瞬間にすーっと浸透します。

ここで肌をパンパンなどと叩いては絶対いけません!

肌を叩いたり、引っ張ったりすると、真皮層の弾力部分が壊されて逆にシワの原因になったりします!!

そして、『とどめの5秒プレス』です。

5秒間密着させると、肌への浸透感が高まります。

:オルビスユーの使い方:ローション

化粧水の主な役割は、肌に水分を与えることです。

洗顔によって汚れや皮脂を取り除いたお肌は、水分がなくなりとてもデリケートな状態なので、洗顔後は必ず化粧水で保湿をしてあげましょう。

また、化粧水は次につける美容液などの成分を導入しやすくするという役割もあります。(ブースター)

ナナナナ

とどめの5秒プレス!!
1~2~3~4~5~ホッ❤

これがお肌の角質層に浸透させ馴染ませるのですねぇ・・♪

オルビスユーの使い方:モイスチャー

オルビスユーの使い方:モイスチャー

オルビスユーの新触感スフレジェリー保湿液!

濃密たっぷりなのに軽快で潤いのベールをしっかりと発揮させお肌を守ります。

【オルビスユーモイスチャーの使い方】

①化粧水で肌を整えた後、手のひらに適量(小豆1~2粒程度)とり、顔全体にゆっくりやさしく馴染ませます。

(ここで強く押し込んでしまうと毛穴がびっくりして縮こまり、浸透しづらくなります。)

②次に目元、口元などの気になるところには重ねづけをしてたっぷりと量を調節してください。

やさしくそっと馴染ませてください。

 

オルビスユーの使い方:モイスチャー

オルビスユーローションのブースターにより(次の基礎化粧品を浸透しやすくする力)保湿液がスムーズに肌の奥へ浸透します。

オルビスの保湿液は非油性のうるおいの膜が、水分を保持しながら乾燥などの外的刺激から守り、みずみずしい肌を持続させます。

 

ナナナナ

やはり、保湿液もやさしく~やさしくです。

やさしくすることですーっと肌に馴染んでくれるのですね!

オルビスユーの効果的な使い方とは!?順番は?

:オルビスユーの効果的な使い方とは!?順番は?

オルビスユーの効果的な使い方と順番は?

まずは、順番ですね!

順番と共に効果的な使い方をまとめます。

STEP1:ウォッシュ(洗顔料)

ぬるま湯で手と顔を素洗いしてから、たっぷり泡立てたウォッシュを、肌が動かないくらいの指を浮かしたやさしさで転がして洗います。

【熱いお湯や冷水ではいけません!

ぬるま湯で毛穴を安心させ全開させましょう♪】

STEP2:ローション(化粧水)

”とろぱしゃ”ローションを下から上へ肌を包み込むようにしっとりとなじませてから、『とどめの5秒間プレス」で浸透させます。

STEP3:モイスチャー(保湿液)

顔全体にゆっくりと優しく馴染ませてから、目元・口元の気になる部分へ重ね塗りです。

たっぷりと栄養と水分を補給させ、休ませましょう。

 

 

:オルビスユーの効果的な使い方とは!?順番は?

STEP1からSTEP3の通り、心地よいテクスチャーをゆっくりと奏でながら、基本のスキンケアを毎日行うことが、効果的な使い方になります。

ナナナナ

しっとりなのにサラサラモチ感というのが伝わりましたでしょうか?

毎日のお手入れを徹底して、癒し効果も兼ねながらスキンケアをしたいですね♪

オルビスユー使い方まとめ

オルビスユー使い方まとめ

洗顔すると本来肌に残っているべき皮脂まで洗い流してしまい、洗顔後は突っ張った感じで、乾燥肌になってしまいます。

しかしオルビスユーの洗顔料は保湿力もたっぷりある洗顔料です!

ですが本格的に保湿を強化するためには・・・

洗顔後の乾燥肌を補うのが化粧水の役割ですね!

失われた水分を補うことができます。

しかし化粧水だけで終わってしまうと、すぐに肌表面の水分が蒸発してしまうのでそこに蓋をします。

それが、保湿液(モイスチャー)の役割ですね。

それぞれのオルビスユーのアイテムの効果が最大限に発揮され、メイクや、外気での汚れをしっかりウォッシングして、水分を補い、保湿する・・・!

この基本のスキンケアをオルビスユーで毎日整えましょう。

不足した栄養素や水分を補給し、肌をキレイに整える、いわば肌を清潔・健康にするための化粧品が、基礎化粧品(肌ケア)の役割です!

また、充分気をつけなくてはならないことは、スキンケア製品だけではなく、冷たい水で毛穴を縮めさせて汚れを出させなくしてしまっては効果半滅です。

昔は冷水が、引き締め効果と言われていたこともありますが、肌のメカニズムを理解すると逆効果だとわかりますね。

またローションや保湿液を肌に押し込むように塗りつけることは、せっかくの成分が肌に浸透せず、逆に肌によくないこともわかりました。

(浸透しづらくなるため効果が半滅してしまう。)

やさしく包み込むようになじませる。

これは、STEP1からSTEP3のどこの時点でも共通しています。

オルビスユー初めての方限定の、STEP1からSTEP3セットが7日間トライアルで1200円でお試しができます♪

しかも、今なら有名タオル今冶フェイスタオル(抗菌加工済み)がプレゼントです!

もう一度、一からきちんとスキンケアを始めてみるちょうどよいチャンスですね!

 

ナナナナ

基礎化粧品とは、メイクのためであったり、素肌のためでもあったりします。

上手に優しく使うことで何倍もの効果を感じられるということですね!