ナナナナ

こんにちは♪ナナです!

オルビスユーのローションの成分をお伝えします♪

cosme化粧水部門ランキング1位を獲得した、オルビスユーローションには、どのような成分が配合されているのでしょうか。

またそれぞれの成分にはどのような役割があるのか、チェックしてみましょう♪

オルビスユー ローションの成分①グリセリン

:オルビスユー ローションの成分①グリセリン

グリセリンとは?

無色透明なサトウキビから由来する甘い液状です。

食品には甘味料・保存料として使われています。

医薬品や化粧品には、保湿剤・潤滑剤として使われています。

肌の上に薄い皮膜をつくってバリアし、外気の乾燥からしっかり肌をまもってくれる存在です。

ナナナナ

グリセリンは、手作り石鹸に欠かせない成分ですね!

保湿に力をいれています。

オルビスユー ローションの成分②ジグリセリン

オルビスユー ローションの成分②ジグリセリン

ジグリセリンとは?

2個のグリセリンを結合させた無色透明で粘性のある液体です。

保湿効果としては、グリセリンと同じく高い効果がありますが、グリセリンよりサラッとした感触で化粧水や乳液などによく配合されています。

安全性が高いので、敏感肌やアトピー肌向けの低刺激化粧品に用いられます。

ナナナナ

敏感肌やアトピー肌の方も安心できる成分なんですね!!

オルビスユー ローションの成分③プロパンジオール

:オルビスユー ローションの成分③プロパンジオール

プロパンジオールとは?

糖を発酵させて得られる抗菌性を有するアルコールの一種です。

角層水分量を増加させ保湿作用を促すことと、抗菌・防腐による製品安定化剤としても活用されます。

またプロパンジオールとグリセリンを併用することで、グリセリン以上の保湿持続性も認められています。

もっとも高い吸湿性と保水性をもっているため、化粧品に汎用されている保湿剤です。

ナナナナ

プロパンガスかと思ってしまいました(汗

もっとも高い吸湿性と保水性とは素晴らしいですね!

オルビスユー ローションの成分④PPG-24グリセレス-24

:オルビスユー ローションの成分④PPG-24グリセレス-24

PPG-24グリセレス-24とは?

ポリオキシエチレンポリオキシプロピレン グリセリルエーテルです。

グリセリンの保湿効果をバックアップする成分です!

ナナナナ

バックアップとサポートと強力ですね!!

オルビスユー ローションの成分⑤ヤグルマギク花エキス

オルビスユー ローションの成分⑤ヤグルマギク花エキス

ヤグルマギク花エキスとは?

キク科植物ヤグルマギク頭花から水、エタノール、BG(1,3-ブチレングリコール)よりこれらの混合液で抽出して得られるエキスです!!

肌にうるおいとハリ感を与える保湿成分となります。

抗炎症作用や収れん作用もあります。

アマモエキス・モモ葉エキスと共に、角層の深部に響くオルビスユーのキーポイントです!!

 

ナナナナ

キーポイント一つ目です!

自活できる肌へのビックサポートです♪

オルビスユー ローションの成分⑥モモ葉エキス

オルビスユー ローションの成分⑥モモ葉エキス

モモ葉エキスとは?

バラ科植物モモの葉っぱから摘出されるエキスです!

桃の葉は入浴剤としてよく知られ、刻んだ葉をお風呂に入れてあせもや湿疹、かぶれ、荒れ症などに、良いと用いられています。

化粧品には、抗菌作用として配合されます。

オルビスユーの二つ目のキーポイント成分です!

ナナナナ

なるほど!桃の葉は入浴剤としても一役かうのですね!

オルビスユー ローションの成分⑦アマモエキス

:オルビスユー ローションの成分⑦アマモエキス

アマモとは?

沿岸砂泥地に自生する海草の一種です。

お肌が本来持っている水分保持機能に働きかけ、うるおいを保ち、くすみを改善します。

不要なものには頼らない、細胞フィットネスという考え方の、新しいエイジングケアライン!

オルビスユーのキーポイント3つ目です!

ナナナナ

キーポリンブースター!!

潤いを保ちくすみを改善!!!

オルビスユー ローションの成分⑧シナノキエキス

オルビスユー ローションの成分⑧シナノキエキス

http://www.plant.kjmt.jp/tree/kigi/sinanoki.htm

シナノキエキスとは?

シナノキエキスは、シナノキの花や葉から抽出したエキスで、神経を安定させるとしてヨーロッパでは古くから利用されてきました。

高い保湿効果があり、肌トラブルを予防したい人にもおすすめです。

ナナナナ

シナノキエキスは、肌のトラブルにも安心して利用できるのですね!

オルビスユー ローションの成分⑨PEG-75

オルビスユー ローションの成分⑨PEG-75

PEG-75とは?

「ポリエチレングリコール4000」とも記載されます。

数値が600以下では液体、1,000以上では固体となり、数値が高いほど粘度が上がります。

水分蒸散を防いで。品質を保持する効果や、とろみをつける効果などを目的にして、化粧品に配合されます。

吸湿性による保湿作用があります。

また界面活性剤の一種となり、品質を安定させる効果もあります。

油分と水分を結合させるための働きがあり、水と油は混ざらない成分ですが、PEG-75の働きで、水分や他の成分がきちんと浸透し、効果が発揮できるよう手助けしているのです。

ナナナナ

PEG(ポリエチレングリコール)は、品質保持と保湿の役割を果たしているんですね!

オルビスユー ローションの成分⑩グリコシルトレハロース

:オルビスユー ローションの成分⑩グリコシルトレハロース

グリコシルトレハロースとは?

主にとうもろこしのでんぷんから得られるトレハロースに、グルコースが統合した糖質です。

製造過程で加水分解水添デンプンも同時にできるため、グリコシルトレハロースと加水分解水添デンプンは混合物として併用されます。

しっとりしていてもベタつかない、また皮膜感が実感できるという凄いバリア感があります。

 

ナナナナ

グリコシルトレハロースは、紫外線から肌を守るバリア機能が凄そうです!!

紫外線を長時間浴びているとうもろこし由来というのがわかるような気がします!

オルビスユー ローションの成分⑪加水分解水添デンプン

オルビスユー ローションの成分⑪加水分解水添デンプン

加水分解デンプンとは?

主にトウモロコシデンプンを酵素反応を処理した時に得られる糖アルコールです。

特徴としては、グリコシルトレハロースと加水分解水添デンプンは混合物ですので、化粧品成分表示には一緒に並ぶことが多いです。

しっとりしていてもベタつかない、また皮膜感がバリアとしてできるということです。

乾燥における皮表細胞・細胞膜保護による保湿作用の役割です。

 

ナナナナ

グリコシルトレハロースも加水分解デンプンもトウモロコシ由来なんですね!
こちらも乾燥からのバリア発揮です!

オルビスユー ローションの成分⑫BG

オルビスユー ローションの成分⑫BG

BGとは?

ブチレングリコールのことです。

保湿剤としてベタつきが少なくグリセリンに比べて使用感が、軽いことから非常に汎用されています。

また植物エキスの抽出溶媒や、抗菌・防腐による製品安定化剤としても用いられています、

ナナナナ

BGとは、保湿剤と安定化剤として化粧品には必須の重要成分なのですね!

オルビスユー ローションの成分⑬PEG-400

オルビスユー ローションの成分⑬PEG-400

PEG-400とは?

ポリエチレングリコール20000のことです。

PEG-75(PEG4000)と同じ役割をしますが、数値が高いほど粘度があがりますので、PEG-75より粘度が濃厚ということですね。

保湿と品質の役割を果たしています。

 

ナナナナ

ポリエチレングリコールは、PEG-○○の数値によって粘度質が高くなることがわかりました!

オルビスユー ローションの成分⑭ポリグリセリル-10

オルビスユー ローションの成分⑭ポリグリセリル-10

ポリグリセリル-10とは?

ヤシ油などから摘出されるグリセリンから得られる乳化成分です。

エモリエント剤や、油剤とも界面活性剤ともいえる成分になります。

皮膚に対して、穏やかに油ぎらない使用感を作り出します。

ナナナナ

ポリグリセリル-10は、しっとり感を出してくれる油剤なんですね!

もちろん無添加です。

オルビスユー ローションの成分⑮キサンタンガム

オルビスユー ローションの成分⑮キサンタンガム

キサンタンガムとは?

トウモロコシなどの澱粉由来で、液体の粘度をあげてしっとり感を高めます。

手作り化粧品の素材として単体でも販売されています。

安定化成分のカテゴリーになります。

ナナナナ

とうもろこしの、自然の中で熱や乾燥から守る保護膜が大活躍ですね!

オルビスユー ローションの成分⑯カルボマー

オルビスユー ローションの成分⑯カルボマー

カルボマーとは?

塩(アルカリ)との中和反応による増粘作用の役割があります。

スキンケア化粧品の他、シャンプー、日焼け止め製品に幅広く用いられています。

こちらも安定化成分のカテゴリーになります。

皮膚刺激性はほとんどなしです。

ナナナナ

パスタのような名前のカルボマーは、粘着作用の役割をしてくれているのですね!

安全な成分です!

オルビスユー ローションの成分⑰水酸化K

:オルビスユー ローションの成分⑰水酸化K

水酸化Kとは?

アルカリ性の水溶性カリウム水酸化物です。

肌への刺激を和らげるためのpH調整に、使用されます。

pHが変動してしまうと効果を発揮しなくなる成分や、品質の安定性が保てなくなる成分などが化粧品には含まれていますのでpH調整の役割があります。

また皮膚表面を軟化させる作用もあります。

 

ナナナナ

アルカリ性と酸性の調整をしてくれるんですね!

オルビスユー ローションの成分⑱フェノキシエタノール

オルビスユー ローションの成分⑱フェノキシエタノール

フェノキシエタノールとは?

名前に「エタノール」と入っていますが、一般にアルコールと言われる「エタノール」とは別物です。

よって、アルコールフリーと記載された製品にも配合されます。

フェノキシエタノールは、古くから医薬品の防腐剤として使用されていました。

商品はしっかりとした品質管理のもとで、届けられますが、食品と同様に一度開封してしまいますと防腐剤、殺菌剤を配合していない化粧品は、時間とともに菌が増殖してしまいます。

今まで一般的に防腐剤として使用されてきたパラペンに、比べ低刺激と言われており、パラベンの代わりに使用されることが多くなってきています。

ナナナナ

フェノキシエタノールは、防腐剤としての役割を果たしているのですね!

オルビスユー ローションの成分⑲メチルパラベン

オルビスユー ローションの成分⑲メチルパラベン

メチルパラベンとは?

パラベンは、パラヒドロキシ安息香酸エステルの総称として呼ばれ、結晶性の粉末で無味無臭、非刺激性の防腐剤です。

本質的に安定で、広いpH域で効果を有し、また広いスペクトルの微生物に対して相対的に効果をだします。

フェノキシエタノールと相乗効果を得ることによって効果を高めます。

ナナナナ

これら防腐剤のおかげで、大切な化粧品にカビなどが生えずに安心して使えるのですね♪

オルビスユー ローションの成分まとめ!

オルビスユー ローションの成分まとめ!

オルビスユーローション成分のまとめをいたします。

大きく分けたカテゴリーとしては以下のように分類されます。

保湿の役割成分

グリセリン・ジグリセリン・プロパンジオール・PPG-24グリセレス-24・ヤグルマギク花エキス・アマモエキス・シナノキエキス・グリコシルトレハロース・加水分解水添デンプン・BG・PEG-400

抗菌作用役割成分

モモ葉エキス

油剤役割成分

ポリグリセリル-10

安定成分(品質保持)

PEG-75・PEG-400・キサンタンガム・カルボマー・水酸化K

防腐剤役割成分

フェノキシエタノール・メチルパラベン

 

オルビスユーローション、細胞フィットネスとして、肌本来の力を生かした肌へ。

潤いを一時的に与えるのではなく、肌が備え持つ、自ら美しくなる力にアプローチするメカニズムに注目したスキンケアです。

深い潤いが導くサポートとしての保湿成分が凄いですね!

細胞に近いエイジングケア(肌細胞のpH領域)で自らのコントロールができるようになれば、くすみやシワなどに悩むこともなくなりそうです。

ナナナナ

オルビスユーローションの保湿成分の多さにびっくりです!

さぁ、今すぐに肌のエイジングケアを始めましょう♪